Cowboy Hats
テンガロンハットとは
呼ばない
形(シェイプ)と種類

ハットの被り方
素材
品質
サイズ
ブランド
置き方、保管
手入れ
形(シェイプ)の修整
アクセサリ

品質

8x.jpg (5794 バイト)
Stetsonの8Xのハット

カウボーイハットにも、品質表記がある。それは”X(エックス)”の数で現され、ハットの内側に "4X" や "XXXXXXXX"の様に刻まれている(Xが多いものは、Xを並べるのが好きなようだ)。Xの数が多いほど、品質が良い。もちろん、値段だって高くなる。

品質が良いフェルトのハットほど、一般にビーバーの毛の混毛率が高くなり、薄く、硬く、また、手触りが絹の様にしなやかで、見た目にもより美しくなる。Xが少ないものは、生地が厚く、ごわごわした感じで、ふわふわして腰がない。

昔、ハットはふにゃふにゃのクラシャブルハットであったが、後に形を美しく保つためにビーバーの毛が導入されて現在の様に硬くなっていった。ビーバー100%のハット(Pure Beaver)もあるが非常に高価だ(1000ドル程度以上)。

30x.jpg (6632 バイト)
Stetson 30X (EL PATRON)

1Xからあるが、よくあるのは4Xか5Xで、品質もそこそこで、値段も手ごろ。日本では2〜3万円、アメリカでは、100ドル前後である。普通はこれくらいがいいだろう。

いい物をと考えているなら、10X、20X、30Xがいい。300ドルから500ドルくらいだ(日本で買うと10万円位)。50Xや100Xになると超高級品だ。なお、100Xが最高ではなく、100Xを超えるものもある。

そもそも、何十年も前、Xは原料のフェルト自体の品質をあらわす等級で、1Xから10Xまでであった。昔、Stetsonの10Xのハットは100%ビーバの毛でできており、最高級の品質を誇っていた。

今日、Xの評価は各社共通の評価基準ではなく、会社ごとの主観評価になっている。だから、他社のXの少ない方がより品質が高いこともありうる(現在では Stetson と Resistol は、同じ会社になり基準を共通にしている)。

日本では今でも、「1Xはビーバーの混毛率 10%をあらわし、10Xが100%」と言われているが、これは現在では間違い。1X = 10% も間違いだ。Xが多いほどビーバーの毛の混毛率は多くなるが、比例しているわけではない。品質は、混毛率だけで決まるわけではなく、その加工方法も影響される。また、ストローハットでも品質をXで表示しているものもある。

現在、Xによる品質は素材だけで決まるわけではなく、ハット自体の品質を表す様になっている。Xが多くとも品質が良くないのもあるし、Xの表記がなくても高級なハットもあるので、単なる目安だと思ったほうがいいだろう。


前へ  HOME  次へ
Cowboy Hats

Real Western
Copyright © 1998 Masaji Munekuni All Rights Reserved.
無断転載禁止